読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

王様の耳はリスの耳

育児しながらラジオ英会話、基礎英語3と多読

NHKのラジオ英語がやっぱりイイ

世間には英語教材があふれかえっていてどれにしようか選ぶだけでも一苦労です。お金か暇があったら沢山買ったり、本屋でぱらぱら見たりして教材を決めればいいのですが、私のような子育て中の専業主婦は時間もなければお金もないわけです。そんな人にはやっぱりNHKのラジオ英語が最適じゃないかなと思うのです。四月からせこせこやってきた結果、私がNHKのラジオ英語がいいなって思っている点は以下のとおり。

 

・最高でも1セット15分

・ラジオなので最悪聞くだけで大丈夫

・レベルが豊富

・テキストが手に入りやすく、安い

 

細かく感想をつぶやいてみます。

・最高でも1セット15分

小さい子供がいると、どうしても自分主体の時間配分はとれません。当然すきま時間を使って勉強しなければならないわけです。ですが、15分ならなんとか時間を捻出できます。Enjoy Simple Englishにいたっては5分です。そして何より一日15分からなら続けやすいです。結局学習は継続が命なんですよね。とはいえ、それが難しいんだよ。三日坊主で何度終わったことやら……。

 

・ラジオなので最悪聞くだけで大丈夫

もちろんテキストがありますが、ラジオという媒体を使っている以上、聴くだけで理解できるようプログラムされています。例えばラジオ英会話だと、聴きなれなく難しい単語はつづりを言ってくれます。ありがたい。テキストがないので難しすぎる~という場合は、聴講する番組のレベルを一つ落とせばいいだけです。聴くだけでいいなら、満員電車の中でも楽々勉強できます。ちなみに私は0歳の娘を寝かしつけている時に、ラジオ英語を聴いています。

 

・レベルが豊富

たくさんあるので、自分にあったレベルが探せます。自分にあったレベルとは難易度だけじゃなく、聴いていてストレスを感じないかが重要だと思います。

 

・テキストが手に入りやすく、安い

最近Eテレ(いつのまに教育テレビからEテレになったんだ……)をよく見てるのですが、金がすごいかかっている!とすごく感じます。数秒のナレーションにリリーフランキーを使ったり、数分の解説無しの映像に電子楽器の第一人者を使ったりとやりたい放題です。テレ東にわけてあげたい。私も教材を作ったことがあるのでわかるのですが、教材作りはめちゃくちゃ時間と手間、つまりお金がかかる。NHKは金持ちなので潤沢な資産を使って番組を開発しているのに、一応公共放送なので(たぶん)もうけは度外視して提供しているはずです。テキストは500円前後ですが、質を考えればもっと高くてもいいはず。

あと地味に手に入れやすいのも大事。ヨーカドーに入っているような本屋にもNHKテキストコーナーはあります。Amazonでいくらも買えちゃうのですが、買い物のついでにちょっと買えるのって主婦的にはとっても便利。

 

というわけで私はラジオ英会話と基礎英語3を聴いています。

 

NHKラジオ 基礎英語3 2016年 06 月号 [雑誌]

NHKラジオ 基礎英語3 2016年 06 月号 [雑誌]

 

 

 

NHKラジオ ラジオ英会話 2016年 06 月号 [雑誌]

NHKラジオ ラジオ英会話 2016年 06 月号 [雑誌]